メガミデバイス 固定モデルでアサシン風に制作する 3

メガミデバイスの固定モデル化。
各部のディテールを煮詰めていきます。

▲首周りの調整

パテを盛っただけの箇所なので、
首の細さを調整したり、鎖骨を追加してみます。

▲リューター大活躍

DREMELのリューターにビットを付けて、削っていきます。
あまり回転数が高いとビットが持っていかれるので
1~2の間くらいで少しずつ削っていきます。
首の細さは砲弾型(ピンク)のビットで、
鎖骨のディテールは丸型のビットで彫り込んでいきます。
形が出来たら神ヤスで整えます。

▲鎖骨完成

首周りのセクシーさが上がった気がします。
最初にパテを盛る時からディテールを作れれば良いのですが
一発で形を作れないので、盛った後に削って形を出すことの方が多いです。

▲肩甲骨の追加

背中の肩甲骨をパテで作ります。
まずは参考資料を元に下書きでアタリをつけて、
盛ったパテを撫で付けていきます。

イラストやフィギュアの外に、
人体骨格なんかも参考にすると、骨や筋肉の位置がわかりやすいです。

▲盛って成形

左側がパテを貼り付けたところ、
右側がパテをスパチュラで慣らしたところです。
マジックスカルプは水を付けながら伸ばすと
薄く伸びてくれるので、段差を消しつつ成形します。

▲こんなかんじ

両方とも成形して完成。
背中の凹部はリューターの丸ビットで彫りこみました。
これで上半身のディテールは大体OKかなと。

▲パンティラインの検討

パンツ部分のラインが好みでなかったので(お尻が大きく見える)、
パテを薄く盛ってラインを検討。
こんな感じに切れ込みを深くしてみようと思います。

 ▲ガリガリ掘削

リューターでガリガリ削ったところ。
当然隙間が出来るので、パテを盛って埋めます。
パンツ側にメンソレータムを塗って、くっ付かないよう注意します。

▲充填完了

まだ表面処理前なので荒いですが、
こんな感じになりました。
腰からのラインも以前より整った気がします。

▲バックショット

後ろからのラインがお気に入りです。
ようやくボディ部分の大まかな成形が終わったので
武器やディテールの追加を進めていきます。