メガミデバイス エーデルワイスを新米ハンター風に作る 11

工作が終わったので塗装ぬりぬりのターン。
いつものファレホで塗ってます。
新しいエアブラシ&コンプレッサーもなかなか快調。
エア厚高めで吹ける幸せ……。

▲ブーツなど

厚めの革の色は71.035 CAM.PALE BROWN。
モールドには73.203 Umber Shadeという
シャバシャバの塗料でスミ入れ。
汚し塗装に使うのが主ですが、スミ入れにも使えるので重宝します。
凸モールドは明るい色で軽くドライブラシするとくっきりします。

▲布など

腕のパーツなどは71.142 IDF SINAIGREY 82。
この色に限らず、ファレホは微妙な色味が揃ってるので助かります。
色数もっと増やしたいなぁ。
ブーツのドライブラシもこの色で入れてます。

▲髪の毛

髪色は71.035 CAM.PALE BROWNと302 Dark Rustを半々にしたものでブシューと。
髪の先はやや明るめにした色で塗ってます。
写真だとあんまりわかりませんね。

▲インナー

中の服は71.126 IDF GREEN。
白を少し入れてドライブラシかけてます。
今回はドライブラシ強化月間。
ベルト状のモールドは後ほど黒でちょちょっと筆塗りしました。

▲金属パーツ

金属のパーツは72.754 Gunmetalと71.304 BLUE GREYを半々で。
金属色をそのまま塗るとオモチャっぽくなることがあるので
基本色を半分混ぜるといい感じです。
仕上げのアクセントに、ゴールド系をうっすらドライブラシ。
こちらも写真だと見えませんね。もはや自己満足の世界。

■肉の塗り方

 ▲まずは肉を作ります

前回、余ったパテとランナーで作った肉を
筆塗りの練習もかねて塗ってみます。

これまで塗装はエアブラシばっかりでしたが
ちょっとした塗分けは筆も併用することで作業効率が上がるのと
最近ドライブラシがお気に入りなので、練習がてらやってみました。
ちなみにこんがり肉を塗装するのは人生初なので、
色々試しながらやってみます。

▲まずは下地

肉部分を肌色で筆塗り。
今回は72.003 Pale Flesh + 72.001 Dead Whiteを半々にしたものでペタペタと。
溶きパテを塗ってグレーになってましたが
3回ほど塗り重ねたら綺麗な色になりました。

 ▲黄色でドライブラシ

72.005 Moon Yellow(派手目な黄色)をドライブラシで塗ってみたところ。
色の変化を狙ってみましたが、さてどうなることやら。
骨部分にもちょっと塗ってます。

▲赤みを足します

72.005 Moon Yellowに72.710 Bloody Red(朱色)を混ぜてドライブラシ。
ちょっと肉っぽくなってきましたが、まだ生です。

▲赤みを高めます

72.710 Bloody Redに72.712 Scarlett Red(深い赤)を混ぜてドライブラシ。
だいぶ肉肉しくなってきました。
が、まだマンガ肉みたいです。

▲照りを追加

73.203 Umber Shade(シャバシャバの茶色)を雑に塗って、
モールドに色が残るようにふき取ります。
肉部分は凸部分にエナメルのクリアーオレンジを上澄み部分だけ塗ってみました。
こんがり肉感が少しは出てきたかな?

次回はトップコート吹いて完成です!