メガミデバイス 固定モデルでアサシン風に制作する 5

メガミデバイスの固定モデル化。
ぽつぽつと進めています。
今回は髪パーツの作成を。

 ▲弓兵の髪を加工

メガミデバイス 朱羅 弓兵 の髪にパテを盛って
ハチマキ部分を埋め、前髪の形を変更。
サイドもツンツンしたショートカットにしてみました。
サイドはデザインナイフでアタリを付けた後、ニッパーでカット。

▲盛って削って整えて

パテを盛って整えてみたところ。
髪の房をデザインナイフで彫り込んでみたのですが、
上の方がちょっと不自然だな……
あと髪のボリュームが落ち着いているので、もう少しワイルドにしたいなぁと。

▲外ハネを追加

以前作成したアーキテクトさんのように、髪に外ハネを追加。
折れたら伸ばしランナーに置換しよう。
前髪の毛束間も中央に揃えてます。
なんとなくフレズの前髪に似てきたような。
この段階だとパテを貼り付けただけなので、かなりもっさりしてます。

▲後頭部に貫通

束ねた髪を作るので、後ろに2mmの穴を開口。
パテ盛り時に埋まらないよう、穴には爪楊枝を指しておきます。
持ち手にもなるので意外と便利。

▲束ねた髪はプラ棒で接続

髪は余ったパテを伸ばして硬化させたもの。
いくつか作って一番よかったものを採用しています。
接続は2mmのプラ棒(タミヤの曲がるプラ棒)を使用。

▲髪のエッジを立てます

髪のもっさり感を無くすために、断面が三角になるようエッジを立てていきます。
サイドから後頭部にかけても、毛束を追加してツンツンにしています。

▲後頭部もディテール入れ直し

後頭部ももともとある穴を埋めて、薄くパテを伸ばしてディテールを追加。
束ねた髪を付けるとこんな感じになります。

▲この刃は便利

髪の掘り込みはデザインナイフを使用しますが、
写真のカーブしている刃で行うとかなりスムーズに進みます。
刃1枚当たりの値段は割高ですが、
もっと早く買っておけばよかったと後悔してます。