メガミデバイス エーデルワイスを新米ハンター風に作る 1

MGバルバトスをちまちまと塗ってたのですが
コトブキヤ公式から武装神姫の続報が出てテンションが上がったので、
素組で放置 満足してたエーデルワイスを改造してみようと思います。

で、改造プランについてあれこれ考えてたのですが
ここ最近ずっとやってるモンスターハンターワールド(以下モンハン)の
プレイヤーキャラ風に作ってみようと思います。

理由としては
・エーデルワイスのディテールがメカ成分低めで、モンハンの世界観に合わせやすそう
・モンハンに出てくる、色んな武器とか道具とか作りたい
エーデルワイス可愛い
あたりです。

とりあえず素組してみたエーデルワイスさんはこちら

▲美人さんです

個人的にはメガミデバイス可愛い部門で暫定1位です。
(ルーデンスさんが家に来たら首位争いが起こりそうですが)
肌色がややピンクがかった、健康的な色味なのもGood。
姫系のアレンジですが、おっとり/か弱い雰囲気は無く、健康的な美少女といったイメージです。

武装はライフルと背中の剣×4。
ロングレンジも近接戦闘もイケそうですね。
逆にアサルトライフル~マシンガンの射程での戦いだと苦戦しそう。
(個人の感想です)

で、とりあえず服装から作ろうと思ったのですが
作りたい装備がベストのような形状なので、
“このまま作ったら肩の可動が完全に死ぬな”と思い
何となく勿体ない気がしたので、
ジャンクパーツを探して上半身を作ってみることにします。

▲かき集めたパーツ群

左上:フレズヴェルク・アーテルの胴パーツの一部(腕の接続部分)
右上:エーデルワイスの首パーツの余り(たぶん)
左下:エーデルワイスの胸パーツ(素体用)
右下:ボールデンアームアームズのボールジョイント

フレズの胴パーツの一部は、数年前のホビーショーで購入した
コトブキヤのジャンク市の中に入ってたのを発掘しました。
首パーツは色味的にエーデルワイスの余りパーツだと思うけどちょっと自信ない……
(素組したのが半年以上前なので)
ボールデンは以前轟雷ちゃんの太ももに使った分の余りです。

▲組み合わせてみた(左)

余剰パーツの胴体と比較して、各パーツの位置を調整している所。
足りない部分はパテで延長するとして、内部構造はこんな感じで行けそうです。

メガミやフレーズアームズガールの胸部分は
首/両腕/腰との接続部分が集中しているので、
ちょっとやそっとでは壊れないくらい、ガッチガチに作っておいた方が安心そうです。

▲1.5mmプラ板と2mmプラ棒で接続

1.5mmプラ板に2mmプラ棒をくっつけて、胴パーツの間に接続して接着。
胴パーツの腕部接続箇所には、あらかじめ穴が開いてるので
2mmに広げておきました。

▲がっちり接着

タミヤセメント(白ビン)とMr.セメントSPでガッチリと接着。
首の接続部にはランナータグを切って、こちらもガッチリ接着。

▲瞬着パテでさらに強固に

表面の隙間に瞬着パテ(肌色)を流し込み、これでもかと強度を確保。
裏面の細長い隙間にはプラ板を切ったものを入れて、流し込み接着剤で接着。

▲さらにさらに瞬着パテで補強

表面はプラ板で蓋をして補強&成形をしやすく、
裏面はプラ板の上からも瞬着パテを流し込んでおきました。
首パーツも隙間に瞬着パテ盛っておきました。
これで踏んでも壊れない程度には強度UPしたかと。

フレームとなる部分は大方できたので
このあとは首と胴を接続し、パテを盛って成形を進めていきます。