メガミデバイス 朱羅 忍者 蒼衣を固定モデルで制作する 11

塗装も終わり、スミ入れを行い、デカールもペタペタ貼り(たくさんありました……)

一気に終わらせたので途中写真がありませんが、とりあえず完成です!

 ▲全体図をぐるり

固定モデルでパッケージイラストを再現しよう!を目指して作成しました。
関節部はパテで埋め、肉感的なシルエットを目指しました。
髪はライターで炙って角度を変えた後、伸ばしランナーを追加。
胴体は反らしたポージングにしたので腹部を延長。
浮かした装甲パーツは真鍮線で接続しています。

 ▲バストアップ

目のデカールはラッカーシンナーで落とした後に塗装し、
左目線のデカールを貼りました。
ちょっとズレると全然表情が変わるので、位置調整が難しいです。

髪はライトブラウンでスミ入れ。
ちょっと濃いかと思いましたが、写真写りを考えるとこのくらいでもいいのかも。

また、パッケージイラストと比較して気づいたのですが
クナイは取っ手以外マスキングしなくてよかったのですね。
まぁこれはこれで、と自分を納得させつつ。

 ▲ローアングル

お尻の造形は頑張りました。
また、足首にくるぶしを作ってみたり
太ももとふくらはぎの肉付きにこだわってみたり。

 ▲背中とわき

背中もパテで成形。
背骨に沿った筋と肩甲骨には、パステルでシャドウを入れてみました。

 ▲胸とお腹は透け塗装

肌色にグレイズメディウムを入れたもので下地を塗り、
特に濃くしたいところにはパステルを塗ってみました。
んー難しいものです。

 ▲装甲無しver

真鍮線の接続穴が開いてますが、装甲が無いとこんな感じ。
水着感が強調されてイイですね。

スタンドはもうちょっと工夫した方がよかったなぁとか
(固定モデルなのだから台座と右足を固定すればよかった……)
塗装はもっと丁寧にしたかったなぁとか
色々思うところはありますが、
まぁこれはこれで!

固定モデルならではの制作技法は勉強になったし、
次回以降にも生かしていきたいなぁと思います。

さて次は何にしようか!