メガミデバイス エーデルワイスを新米ハンター風に作る 2

前回、胴体のベースを作ったので首と胴体を繋げていきます。

▲極太接続

首と胴体のパーツに2mm径の穴を開け、真鍮線で接続。
首も胴体も中身がみっちり詰まっているので、
穴を開けても強度が落ちることはありません。

▲瞬着パテで接続

接着したらこんな感じ。
この上からさらにエポキシパテで形状出しをしていきます。

▲まずはモリモリ

パテを薄く伸ばして、全体的に巻き付けます。
後から胸パーツをつけるので、柔らかいうちに押し付けておくと吉。
(離型剤代わりにメンタム等付けるのを忘れずに)

▲さらにモリモリ

胸パーツとの段差を埋めるようにパテを盛って削って、
神ヤスで形を削り出します。
大量の粉が出るので、水研ぎ推奨。
あとはディテールを追加していきます。

また、今回はいつものマジックスカルプに
タミヤの高密度タイプを1:1で混ぜたものを使ってみました。
形状出しはマジックスカルプよりもやりやすいかも?
水で柔らかくしても、スパチュラの操作がやりやすい…気がします。

が、乾燥にやたら時間がかかります。
部屋が寒いからというのもあるかもしれませんが
一晩寝かしてもまだ少し柔らかい感じ。
削って形を出すには、マジックスカルプのみの方がいいかもです。
この辺も要検証ですな。

▲武器等も検証

武器は何を持たせようかなーと考えましたが、新米ハンターということで、初期装備の片手剣を作る予定。
剣と盾をジャンクパーツから探して持たせてみたのがこちら。
サイズ的にもちょうどよさそうです。
剣の方はデザインが骨系っぽいので、プラ板で作り直す予定。

▲ショートのエルフ

前髪を忍者のものに変えてみたところ。可愛い。
接続方法が異なるので、パテとネオジム磁石でくっつくよう改造する予定。
ツインテ―ルの穴も埋めて、後ろ髪のディテールも前髪と同じくらいにしようかなと。
あとは小物をちょこちょこ作る予定です。