メガミデバイス エーデルワイスを新米ハンター風に作る 3

胴体のディテール追加と、頭部の加工を進めていきます。

■胴体のディテール追加

▲襟をつくります

細切りにしたアクリル板をヘアアイロンで温めて、首に巻き付けます。
(ヘアアイロンによるヒートプレスはこちらの記事で詳しく説明しています)
すぐに固くなるので、手早く作業する必要があります。
熱いので火傷に注意!)

▲襟元の加工

襟元にパテを盛って、インナー部分の服を作ります。
紐は伸ばしランナーで作成。
2回ほど切れたので(涙)、瞬着パテで補強しました。

▲上着の型紙を作ります

写真が前後してますが、マスキングテープを張り付けて型紙を作ってるところ。
ラインに沿って張り付けた後、細切れにしたテープを張り付けるとうまくいきます。

▲型紙はこんな感じ

背中と左右で分けて作ってみました。
裏表を使って両面作るので、片側だけ作っています。
細かい調整は剥がした後にデザインナイフでカットします。

▲伸ばしたパテをカット

マジックスカルプを薄く伸ばして、
型紙を置いてデザインナイフでカット。
マジックスカルプが台にくっつかないよう、台にはベビーパウダーを撒いてます。

▲こんなかんじ

左右分もカットして、本体に張り付けてみたところ。
後からディテールが追加できるよう、本体にもベビーパウダーを付けています。
乾燥したら細かいディテールをつけていきます。

■頭部の改造

忍者の前髪パーツを装着できるように加工していきます。

▲プラ板で加工

プラ板を現物合わせでカットして、前髪パーツに接着。
接続用の軸をプラ板とプラ棒で作成しました。
パテ&ネオジム磁石でもよかったのですが、
接続軸を作るのが簡単そうだったので。

▲後頭部の穴埋め

ツインテ―ル接続用の穴に3mmランナーを接着して、
穴を埋めておきます。
大きな隙間が空く場合は、瞬間パテを流し込み。

▲前髪と一緒に加工

前髪のすき間にもパテを盛って埋めておきます。
後頭部は乾いたので、髪ヤス240番で成形。
表面処理が終わったら髪の毛のモールドを彫る予定です。

▲モールドの復活

パテが乾燥したらBMC三角刀で髪のディテールを彫り直し。
額の白いパーツは流し込み接着剤で接着し、
乾燥したら髪と一体化するように削ります。

▲合体してみた

ここまでの工作を合体したのがこちら。
上着はマスキングテープで固定しています。
大体イメージ通りにできてきたかなと。
あとは武器や小物などをたくさん作っていきます。