メガミデバイス エーデルワイスを新米ハンター風に作る 5

引き続き小物を作っていきます。チマチマとした作業が続きます。

■ポーチ類

▲プラ板で仮置き

0.5mmプラ板をカットして腰部に貼ってみたところ。
何サイズか試してみて、可動部に干渉しない程度の大きさにします。

▲パテとプラ板で作成

本体をマジックスカルプで盛って成形後、
フタを0.5mmプラ板で作成。
なんだか豆腐にも見えますが、細かいディテールは後ほど入れていきます。

▲裏にネオジム磁石を接着

裏側に貫通しない程度に穴を開け、
小さい方には2mm四方、大きいには直径3mmのネオジム磁石を接着します。
本体の方にステンレスシールを貼って、自由に接続できるようにする予定。

▲導蟲入れもネオジム接続

前回作成した導蟲入れも、ポーチ類と同様にネオジム磁石による接続にします。
まずはコの字型のプラ材をカットして、フタ部分に合うように加工。
円柱状のリューターで削ると楽に加工できます。

ちなみにフタはMSGのガトリング(7mm)を使用。
厚みが気になったので半分くらい削ってます。

▲ネオジム磁石を仕込んで接着

長方形のネオジム磁石を入れて接着したところ。
接着にはベビーパウダーと瞬着を混ぜたもので行ってます。
次は武器を作成予定です。