FAガール アーキテクトを固定モデルで制作 09

サフ吹き

髪と下半身の造形が終わったので、サフを吹いて傷をチェック。
(上半身の造形は下半身が仕上がってから作ります)

 ▲髪は灰色・足はジャーマングレーで

細かい傷を埋めたり、モールドが曲がっている所を彫り直したりしてます。
瞬着パテで穴埋めした個所を忘れてたりするので
ちまちまと修正していきます。

▲髪をつけてみたところ

だいたいイメージ通りになりました。
表面が荒いところがあるので、あとで滑らかにしていきます。

地味な作業ばかりだとモチベーションが下がってくるので、
並行して台座を作成していきます。
台座を作るのは初の試みとなりますが、とにかくやってみます。

▲材料を100均で購入

台座となる六角形のベースとニス、スチレンボード(5mm)を100均で購入しました。
まずは六角形のベースを簡単に表面処理。

▲ヤスリでしょりしょり

表面が毛羽立っているので、400番のヤスリで慣らします。
(右が処理前、左がヤスリを当てたところ)
作りが甘いところがあったりするので、場合によっては金やすりを使用して
形を整えていきます。

▲ニスをぬりぬり

筆でニスを塗っていきます。
そのままだとドロッとして塗りにくかったので、
少し水で薄めて二度塗りしました。
上部にはスチレンボードを貼る予定なので、スミを中心に塗ってます。
また、本体との接続用に3mmの穴を開けています。

▲スチレンボードに下書き

ボールペンで下書きします。
今回は石畳のモールドを彫ってみました。

▲デザインナイフとスパチュラで掘り込み

デザインナイフで石のモールドを切り込んで、隙間をスパチュラで潰すように彫っていきます。
うーん、思ったような形にならない……

▲アップにしたところ

表面は調色スティックの表面でなでてみました。
シワは付くけど、凹凸をつけるのは難しそうです。

他の方の作例と見比べると、何かが違う……。
モールドが綺麗に出ていないので、不自然な感じになってます。

▲タミヤのボードと比較

どうもスチレンボードがスカスカな印象なので、
タミヤ製のスチレンボード(3㎜)を購入してみました。
ボールペンでけがいてみたのがこちら。
(左がタミヤ、右が100均)

ボードの密度が全然違うので、はっきりとモールドが残ります。
カットする際の手ごたえも違う感じ。
せっかく作ったけど、満足行くものを作るためにもう一度作り直します。