FAガール アーキテクトを固定モデルで制作 02

前回、頭部の造形をあらかた作ってみたので
体の方を進めていきます。

ベースについては、以前作成したメガミデバイス・アサルトを採用。
スタイルがフレームアームズ・ガールより好みなのと
ポージングの自由度が高いのが採用した理由です。

新しくメガミを買おうと思ったのですが、
数年前に作成したアサルトが、いつの間にか肩関節が折れており
心も折れそうになったので、せっかくなので再利用することにしました。

 ▲太ももに3mm穴を開口~スペーサーを接続

太もも部分の軸は4mmになっており、延長用の軸を仕込むのがめんどくさそうだったので
軸をカットして3mm穴を開口
延長用のパーツは、左右の長さを均等にするため
メカサプライ10 ディテールカバーAに入っている
スペーサージョイントを使用してみました。

ちなみにメガミデバイスはフレームアームズ・ガールより身長が低いのですが
私服アーキテクトは他のガールより身長が高いので
そのあたりも踏まえて身長を伸ばしていきます。

 ▲軸受部分も3mmに

太ももとの接続部分は当然4mm穴が開いてるので、
waveのプラパイプ(外径4mm・内径3.2mm)を入れて接着。

 ▲足首も延長&パテ盛り

太ももにはスカルプパテを盛って、肉付け。
あとからポージングできるように、太ももとの接続部には
メンソレータムを塗っておきます。
(ポージングが確定したら接着予定)

足首はカットして、内径をリューターで削り
プラパイプで4㎜ほど延長しました。

 ▲腕も延長

手首と二の腕もカットして、プラパイプを仕込んで延長。
こちらはそれぞれ2mmほど伸ばしています。
手首側にもパテを盛っています。

 ▲ポージング検証

バランスチェックを兼ねて、ポージング。
どうも腕がイメージ通りにならない……。
体に密着させるには、パテで作り直した方がよさそうです。

 ▲瞬着で固定

ポージングが決まったら、瞬着パテで固定。
素材や隙間の有無によって、MrセメントSPと瞬着パテを使い分けてます。
(隙間が無い時は流し込みのできるMrセメントSP、隙間が空いてる時や異素材同士の接着には瞬着パテなど)

 ▲ついでに首も延長

首パーツの可動部分に瞬着パテを流し込んで固定後、
職人かたぎでカットして、2mmほど延長しています。

 ▲再度ポージングを検証

腕を外した状態で再度検証。
立ち姿でも、角度一つで表情が変わってくるのですが
ベースをメガミデバイスにすることで、作りながらポージングの調整ができるのが大きなメリットです。
固定モデルを作る時に、フルスクラッチで作るよりも制作難易度が低いと思います。
もちろんデメリットもあるでしょうが、
そのあたりは作りながら検討・検証していこうと思います。